胸部心臓血管外科分野TOP

Cardioxyl(カーディオキシル)

CARDIOXYL

製品名:カーディオキシル
 
 
 
 
製造元: (フランス)
   
PETERS Surgical社は1926年にフランスで創業されて以来、確かな操作性と安定性の持った質の高い心臓血管外科用縫合糸を常に追い求めています。

僧帽弁形成術のパイオニアであるProf. Alain Carpenter,人工心臓デバイスの先駆者であるProf. Daniel Loisance,Robotic cardiac surgeryにおいてその最先端を行くProf. Randolph Chitwoodなどの世界中の心臓外科医の先生方と様々な縫合糸を共同開発し、その臨床ニーズに応えるべく努めています。

→ daVinciを使ったMitral Valve Repair専用縫合糸はこちら

 

製品特長

★使用用途: 弁置換・弁形成・カニュレーション
Aortic valve replacement
Mitral valve plasty
★糸材質: ポリエステルブレイド(表面シリコンコーティング)
★針材質: ステンレススチール(表面シリコンコーティング)
★製品特長: 糸表面をシリコンでコーティングすることにより組織貫通性を高め、ノットのタイダウンがスムーズです。
★包装形態: 10本入りマルチパック 又は 1本入りシングルパック
★プレジェット:
3x3mm, 3x5mm, 3x7mm (PTFE)
Cardioxylを使った弁形成術

シリコンでコーティングされた糸は滑りがよく、リングの落とし込みに最適です。MICSのような奥の深いところにノットを落とし込む際も非常に有効です。

▲このページの一番上へ
 

社内試験データ

 
カーディオキシルは、他の同材質のブレイド縫合糸に比べて摩擦抵抗値が少なく、スムーズな糸の滑り
 

製品カタログ

■ Cardioxyl(カーディオキシル)のカタログはこちら→
 
 
このページの一番上へ
  個人情報の取り扱いと保護について お問い合わせ
 
株式会社バイタル